So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年09月25日 | 2018年10月01日 |- ブログトップ

フラット35利用者の平均世帯年収は598.5万円(2017年度) [注文住宅購入者の平均像]

大手ハウスメーカー購入者の土地・建物の価格差は約860万円
前回は住宅生産団体連合会の顧客実態調査(2017年)を紹介した。
これは大手ハウスメーカーを中心とする顧客のデータだ。
そして今回はフラット35利用者のデータ(2017年度)を紹介する。
フラット35は長期間固定の低金利が魅力の住宅ローン。
利用者は大手ハウスメーカーの顧客に限らない。
また、中古物件の購入者もいる。
ここでは住宅生産団体連合会のデータと比較しやすいように、土地付き注文住宅の購入者のデータを抽出しよう。
まずは下記が住宅生産団体連合会のデータだ。



・世帯主年齢:40.5歳


・世帯人数:3.4人


・世帯年収:895万円


・延床面積:129㎡


・建築費:3,535万円


・土地と合わせた取得費:4,889万円


・贈与額:1,145万円


・自己資金:1,372万円


・借入金:4,031万円



そしてフラット35利用者のデータがこちら↓


[目]



[目]




[目]



[目]



[目]





・世帯主年齢:37.2歳

・世帯人数:3.4人

・世帯年収:598.5万円円

・延床面積:113.3㎡

・建築費:2,734.3万円

・土地と合わせた取得費:4,039万円

・自己資金:450.2万円

・借入金:3,448.4万円
フラット35.JPG
出典:「2017年度 フラット35利用者調査」
年収では約300万円、土地と建物を合わせた取得費では、約860万円の差だ。
つまり、簡単に言ってしまうと大手ハウスメーカーは、やはり比較的収入の多い人が買っているし、価格も高い。
しかし、「割高」かどうかは、それぞれの人が自分の価値観によって判断するしかないだろう。



椎名前太ホームページ あなたの「心から納得できる家」が簡単にわかる!
http://www.zenta1.com/



ブログランキングに参加しています。
クリック↓どうかお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

 

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅
2018年09月25日 | 2018年10月01日 |- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。