So-net無料ブログ作成

住宅ローン借換えのため住信SBIに電話してみました! [住宅ローン借換え]

やはりネット銀行はドライ。


ご近所の地銀で審査が通る条件を聞いた数日後、
今度は低金利がウリのネット銀行に問い合わせをすることにした。

ネット銀行なので、手続きはすべてWeb上で完了するが、
無駄な努力はしたくないので、
地銀と同じように審査をクリアできる条件を聞きたかったのだ。

まずは業界最低金利0.65%(変動金利)の住信SBIネット銀行に電話をした。

金利.jpg


「近所の地銀では”返済率〇〇%以上なら審査が通りやすい”というラインを教えてくれたんですが、
そちらではそういった最低条件はありますか?」


担当者
「当行ではそういった条件は申し上げられません。
とりあえずWeb上で仮審査を申し込んでいただければと思います」


住信SBIネット銀行のホームページを見る。


「仮申し込みの年収記入欄は”税込年収”となっていますね。
私は個人事業主ですが、税込でいいんですか?」

担当者
「仮申し込みの時点ではかまいません」


「あと、私の場合は嫁と連帯債務で借りているんですが、
その場合、収入合算の欄に嫁の年収を書くんですか?」


担当者
「当行では連帯債務ではなく、
ペアローンという形で申し込んでいただくことになります。
なので奥様と一緒にお借換えしていただくなら、
奥様も単独で仮審査を申し込んでください」



「なら、私の審査が通らずに嫁だけ通ったらどうなるんですか?」

担当者
「申し訳ありませんが、お借換えはできないことになります」


う~ん、さすがネット銀行。
夫婦最大の協同作業である住宅ローンなのに、
協同は考慮しないというのだ。
あくまで一人ひとりの実力で判断する。
やはりドライ。

次に繰り上げ返済が無料になる条件を聞いたが、
地銀のように光熱費の引き落としなどの条件はないそうだ。
こちらはいい意味でさっぱりしている。

最後に借り換え時の諸費用を確認すると、
3000万円を借り換えた場合、
・登記関連
・事務手数料
・印紙代

などで約100万円ということだった。

100万円と聞くとびっくりする人もいるかもしれないが、
私の場合、借り換えができれば支払総額が1000万円くらい少なくなる。
(完済まで金利0.65%の場合)

この金額を支払っても十分メリットがあるのだ。

諸費用・支払総額はこちら↓のシミュレーションで確認できる。
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i080103CT


念のため新生銀行(金利0.88%)とイオン銀行(金利0.77%)にも同様の質問をしてみた。

新生銀行
「審査基準や諸費用は、ほかのネット銀行とほぼ同じです。
ただし、年収は2年間の平均で300万円以上が条件になります。
個人事業主の場合は経費を差し引いた金額になります。
それに1年目と2年目の年収があまりに差があると審査が通らないことがあります」


イオン銀行
「年収の下限は設けていませんが、
審査も諸費用もシステムはSBIさんとほとんど同じだと思ってください」


つまりネット銀行の住宅ローン借り換えは、
”地銀よりさらに収入が安定しているサラリーマン向き”
ということだ。

まぁ、当たり前か。

とりあえずこれらの銀行の資料を取り寄せることにした。

つづく




椎名前太ホームページ あなたの「心から納得できる家」が簡単にわかる!
http://www.zenta1.com/



ブログランキングに参加しています。
クリック↓どうかお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました