So-net無料ブログ作成
一建設 ブログトップ

一建設の坪単価は21万円! [一建設]

32坪の家が700万円で建つ!

最近、近所(千葉県北西部)を歩いていると、
「一建設」の分譲住宅をよく見かける。

一建設.jpg


一建設は分譲住宅の建設棟数で全国ナンバーワンのパワービルダー。
2011年度で7475棟だ。
しかし本拠地は東京都西部。
近所で見かけることはあまりなかった。

そんなある日、業界紙を読んでいると、
「飯田グループホールディングス設立 巨大ビルダー誕生へ」
という大見出しが。

一建設、飯田産業、東栄住宅、タクトホーム、アーネストワン、アイディホームの有力パワービルダー6社が統合し、11月1日に持ち株会社を設立するというのだ。

6社すべてが分譲住宅の建設棟数トップ10内。
トータルの年間棟数は約3万棟となる。
現在トップの積水ハウスが約1万5000棟↓だから
http://iehikaku.com/article/373074809.html

とんでもなく巨大なパワービルダーが誕生する。

統合の狙いはなんいっても販売価格の優位性の確保。
仕入れ・人員・流通などの効率化によって圧倒的に安価な住宅を供給し、
盤石な経営基盤を確立することだ。

「じゃー、どれくらい安いの?」

というと、ちょうど「日経ホームビルダー」9月号↓に、
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/books/hb/20130819/628429/
「一建設の見積書」
という記事が載っていた。

下記は昨年販売された同社の分譲住宅の面積と価格だ。

延床面積:105.99㎡(約32坪)
建物代金:約700万円

[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]






[パンチ]

思わず二度見してしまった。
32坪で700万円ということは、

坪単価21.8万円


信じられない低価格っぷり。

しかも住宅エコポイント↓に対応する仕様だという。
http://jutaku.eco-points.jp/user/outline/build.html
ということは、
省エネ等級で最高の等級4以上の性能がある。
つまり断熱性が高く、光熱費が安く済むということだ。

オーナーの感想を抜粋すると、
・注文住宅に比べれば見劣りする
・しかし価格を考えれば満足度は高い

とのこと。

以前書いたアイダ設計↓
http://menchi-da.blog.so-net.ne.jp/2013-04-22

と同様にパワービルダーの勢いは増すばかり。
今後さらに住宅の低価格化が進むだろう。




椎名前太ホームページ あなたの「心から納得できる家」が簡単にわかる!
http://www.zenta1.com/



ブログランキングに参加しています。
クリック↓どうかお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

 

タグ:一建設
nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
一建設 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。