So-net無料ブログ作成
検索選択

2014年上半期大手ハウスメーカー坪単価ランキング [坪単価]

ついに三井ホームが90万円オーバー! その理由は?

毎度おなじみハウスメーカーの坪単価ランキング
しかし、今回はいつもとちょっと違う。
ほとんどのメーカーが大幅に単価を上げているのだ。

消費税増税後「売れない、売れない」とお嘆きの住宅業界だが、
さすが大手メーカー。
棟数が稼げないなら棟単価ということでグイグイ営業しているのだろう。

ちなみに昨年度(2013年)上半期のランキングはこちら↓

2013上半期.JPG

そして最新の2014年度上半期のランキングはこちら↓

[目]

[ふらふら]

[がく~(落胆した顔)]

[キスマーク]

[ぴかぴか(新しい)]


2014上半期.JPG

大手ハウスメーカー8社すべての坪単価が上がっている。
中でもダントツのアップを果たしたのが三井ホーム。
前年比5万8000円も増えている。
5万8000円ということは40坪の家なら232万円[パンチ]

しかも坪単価自体もついに90万円を超えた。
こちらもトップ街道を突っ走っている。

「なんでそんなに増えたの?」
というと、ここ数年続く太陽光発電システムなど、
省エネ機器の設置率が増加しているから。
これはどのハウスメーカーも同じ。

しかし、三井ホームに関しては、
「スマートグリーンズ」と称した省エネ機器フル装備の家をガンガン販売したようだ。

スマートグリーン」とは
・太陽光発電システム
・高効率太陽光ソーラーシステム「サンキュート」
・家庭用燃料電池「エネファーム」
・家庭用蓄電池
・HEMS
健康空調システム「スマートブリーズ」
など省エネ設備をフル装備した家の総称だ。

スマートグリーンズ.jpg
三井ホームHPより

さらに同社は2014年4月より構造を、
2×4(ツーバイフォー)構造から2×6(ツーバイシックス)に変更。

つまり構造材の幅を広くして、
外壁の厚さを増加させ、
耐震性・断熱性もアップさせている。

断熱性に関してはQ値1.98から1.42の大幅アップだ。
これも単価を上げた一因だろう。

mitsui_home_LP_9_4-2.jpg
三井ホームHPより

全然話は変わるが、
私がクルマに乗り始めた1990年前後は、
パワーウィンドーは贅沢装備だった。
若造の乗る車はグルグルと取っ手を回すガッツウィンドーが当たり前だったのだ。

当時、親父と共有で昭和62年式スプリンターカリブに乗っていた私としては、
パワーウィンドー付きのクルマが成功の象徴だった。
ところが今は軽自動車でも標準装備。

これと同じで家に関しても電気機器の標準装備化が進むのだろう。
先日HOME'S PRESSで取材したホンダ(クルマの!)、積水ハウス、東芝の実証実験ハウスなんて、
風向きや日差しによって勝手に窓の開け閉めをしていて、
腰を抜かしてしまった↓
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00280/

だが、
「クルマの優先順位は便利さだが、家の優先順位は癒し。あんまりロボットみたいになっても・・・・・・」
と思う私は少数派なのだろうか。




椎名前太ホームページ あなたの「心から納得できる家」が簡単にわかる!
http://www.zenta1.com/



ブログランキングに参加しています。
クリック↓どうかお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

 

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 5

コメント 2

JAZZ青木

いつも参考にさせて頂いております。
大手ハウスメーカーの坪単価を見ると改めて世の中二極化が進んでいると感じますね。元営業の私としては、少々驚いています。
しかしながら、一般的にはどのメーカーも太陽光初め、いわゆるオプションで単価が上がっているのであって構造的にはここ数年あまり変わってないんじゃないかと思っています。
管理人さんもおっしゃているロボット住宅だと後々のメンテナンス費用も同じように高額になるのではないかと懸念しています。
さすがに、住設機器までも30年保証とはならないでしょうから。
by JAZZ青木 (2015-01-09 06:52) 

ZENTA

JAZZ青木さん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り省エネ機器は、躯体より早く劣化するはずです。大手ハウスメーカーは、少子高齢化で新築着工数が今後減っていくことが目に見えていることから、このような機器のメンテナンス費用でも利益を上げていこうという戦略なのでしょうね。
今後も専門家ならではのご意見お待ちしています!
by ZENTA (2015-01-09 09:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。