So-net無料ブログ作成

2013年度上半期ハウスメーカー坪単価ランキング! [坪単価]

パナホームが大幅増で75万円オーバー!

今年(2013年)の注文住宅市場は消費税増税前の駆け込み需要で、
めちゃくちゃ好調だった。

特に9月の契約件数は圧倒的で、
大手ハウスメーカーでは軒並み前年同月比30%前後の増[ぴかぴか(新しい)]
9月末までに契約すれば、
引き渡しが2014年4月以降でも消費税が5%のままという特例があったからだ。

では、契約数は多いものの、
実際の販売金額はどうなのだろうか?

駆け込みなのでケチってる?
or
増税されるくらいならその前に思い切ってお金をかける?

2013年度上半期の大手ハウスメーカー坪単価ランキングをお伝えします[パンチ]






ちなみに2012年度通期の坪単価ランキングはこちら↓
スライド1.JPG


それでもって最新、2013年度上半期のランキングはこちら↓

[目]

[ふらふら]

[がく~(落胆した顔)]

[exclamation&question]


[犬]

2013上半期坪単価.jpg


1位は、やはり不動の三井ホームで平均坪単価は86万円を超えた。
とはいえ、ほかのすべてのハウスメーカーも単価を上げている。

特にパナホームの勢いがすごい!
順位は7位と変わらないものの、
坪単価は前年通期から約5万円も上がって約75万円。

5万円ということは40坪の家なら
200万円アップだ。

そのワケは150mmきざみで設計でき、5階建てまで建築可能な
重量鉄骨の「ビューノ」
http://www.panahome.jp/vieuno/
といった賃貸・店舗併用住宅や、
大容量太陽光発電システムの搭載率の伸びによるものだ。

そこでハウスメーカーくわしい人なら、
「あれ? 賃貸併用の3階以上ならヘーベルハウス(旭化成ホームズ)も得意じゃなかったっけ??」
と気づくかもしれない。

実は同社の数字の対象は2階建てのみ。
主力の3階建てや賃貸併用、二世帯住宅は含まれていない。
これらが入ればグンッ!とランキングは上がるはずだ。

二世帯といえば今回どこのハウスメーカーも好調だった理由に、
「建替率」が高かったこともある。
これも消費税増税前の駆け込み需要の特徴だ。

建替率とは、契約者の中で家をはじめて建てるのではなく、
すでに持っている人の割合。
当然はじめて建てるより高額になる傾向がある。

トップはヘーベルハウスで53%で前年同期比3%アップ。
それ以外すべてのメーカーでも30%を超え、同比で5%前後アップしている。

さて、「好調」「好調」と書いてきたが、
駆け込みにはもちろん反動もある。

案の定ハウスメーカーも10月からの数字はボロボロらしい[もうやだ~(悲しい顔)]

しかし、注文住宅が欲しい人はあきらめない欲しい。

実は住宅ローン減税やすまい給付金を利用することで、消費税増税後の4月以降に引き渡しになった方が得するケースもあるのだ。
くわしくはこちら↓
http://iehikaku.com/category/21071483-1.html

また、消費税をまるっきり払わなくても住宅が買える方法もある。
中古住宅を購入するのだ。

法人所有など一部例外もあるが、
中古住宅は消費税が非課税。
(仲介する不動産会社への手数料には課税)

そのうえ日本の木造住宅は築20年で査定額ゼロと言われている。
ならば1000万円くらいかけて耐震・断熱性能と水回りを新築同様にしても、
ハウスメーカーよりも1000万円以上安くあがる。




椎名前太ホームページ あなたの「心から納得できる家」が簡単にわかる!
http://www.zenta1.com/



ブログランキングに参加しています。
クリック↓どうかお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

 

タグ:坪単価
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。