So-net無料ブログ作成
検索選択

HEMSの設置に10万円の補助 [スマートハウス]

今導入すべきなの??

汗ダラダラの夏の夜の帰り道、こう思うことが多々ある。
「あー、早く帰って涼しぃー部屋でビール飲みて~![ビール]

凍える冬の夜の帰り道、こう思うことがある。
「あー、早く帰って温か~いお風呂でぬくぬくして~![いい気分(温泉)]

しかし家に帰り玄関を開けると
ムワっとした熱気全身にまとわりつく[ちっ(怒った顔)]
または湯船にお湯がたまるまでガタガタ震えながら20分待つ[ふらふら]
というのが現実だ。
だが数年後にはHEMSによってこんなガマンは無用になるかもしれない。

(社)環境共創イニシアチブ(SII)が窓口になり、
HEMS設置の補助受付が開始された。
補助金額は定額10万円。

「そもそもHEMSってなに?」を簡単に説明すると、
ホーム・エネルギー・マネジメント・システムの略。
 
電力・水道・ガスなど家庭で使用するエネルギーの利用状況をパソコンやスマートフォンなどの画面で確認できるシステムだ。

概念図↓
HEMS概念図.jpg
*資源エネルギー庁HPより

その機能は現状では3タイプがある。
1.エネルギーの利用状況を単純に画面表示する機能。
「あら!? エアコンつけたらいきなり消費電力が上がっちゃた。
ちょっと設定温度を高めにしよう」
といった使い方になる。
中には「昼間の除湿機を切ればもっと節電できますよ」
なんてアドバイスをくれる機種もあるらしい。

画面表示例↓
HEMS画面.jpg
シャープHPより

2.エネルギーの利用状況表示だけでなく、
外出先からスマートフォンなどによって設備機器の遠隔操作ができる。
冒頭のエアコン・給湯器のオン/オフなどが可能になる。

3.上記にプラス、ほかの家庭やエネルギー会社などと連携して、
地域全体で効率的なエネルギー利用に取り組むシステム。
まだ製品化していないが様々なメーカーが開発中。

「2」に関してはすでに発売している製品もあるので、
筆者の希望は叶いそうだ。
しかし問題も。

そもそも外出先から「エアコンつけて」と命令しても、
エアコンがその命令を受け取ってくれる機種でなければならない。
今後ブルートュース制御などで対応する家電が続々と発売されるはずだが、
今度は
「HEMSはパナソニックだけど、エアコンはシャープだから操作できない!」
といったことが起こり得る。
そのため経済産業省は「エコーネットライト」という共通規格化を推奨するらしい。

ということは、
1.「エコーネットライト」対応家電が出そろう
2.対応家電に買い替える
ことをしないとHEMSは使いこなせない[もうやだ~(悲しい顔)]

それにHEMSシステムの価格は安くても40万円強↓。
http://sii.or.jp/energy_system_hems/device.html?archives=6
補助金を差し引いても約30万円。




う~ん[犬]

こりゃ様子見だな。

*各大手ハウスメーカーではHEMSを標準装備としているモデルを次々に発売しています。
このことで一気に普及が進み、「安価」「多機能」になっていくはず。
楽しみ~[目]

10万円以下でレーシック手術を受けてきました!
その様子はこちら↓

http://menchi-yo.blog.so-net.ne.jp/2010-01-18


椎名前太ホームページ↓ 『あなたの心から納得する家』が簡単にわかる! http://www.zenta1.com/

ブログランキングに参加しています。
クリック↓どうかお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

 




椎名前太ホームページ あなたの「心から納得できる家」が簡単にわかる!
http://www.zenta1.com/



ブログランキングに参加しています。
クリック↓どうかお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

 

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。