So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

外房の古民家再生を通じて子どもの成長に期待 [田舎暮らし]





築約100年の古民家を不登校生たちが10年計画で再生

最近30代から50代の田舎暮らしへの憧れを強く感じることが多い。
実際に私のまわりではサーフィンをしながら子育てをしたい、
ということで外房に移住して家を建てたり、
週末のセカンドハウスを借りている人が複数いる。

サーフィン.jpg
↑千葉県
一宮海岸

どの人も仕事とのバランスが難しいようだが、
かなり充実した日々を過ごしているようだ。

一方で全国的に空き家の増加が問題になっている昨今。
特に田舎の場合は、より高齢化が進んでいるので、
事態は深刻だ。

そのような中、ある都内の学習塾が外房の古民家を再生している。

「なぜ学習塾が??」

それはこの塾の生徒の多くが、
不登校生だったりニートだったりすることに関係する。
無気力になってしまった子どもに古民家の再生を任せると、
目に見える変化が現れるというのだ。

具体的には、
”指示待ち”
だった生徒が自主的に動くようになるらしい。

どうしてそうなるのか?


などはこちらのサイトでご確認を↓[わーい(嬉しい顔)]
http://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00433/

ちなみに田舎暮らしのノウハウはこちらでも紹介しています↓
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00274/







椎名前太ホームページ あなたの「心から納得できる家」が簡単にわかる!
http://www.zenta1.com/



ブログランキングに参加しています。
クリック↓どうかお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

 

タグ:田舎暮らし
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

大震災後に役立つ自家発電システムとは? [地震]

太陽光発電システムだけではない

昨日(11月22日)午前5時59分ごろ、
福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震があった。

我が家周辺(千葉県北西部)は震度4程度だったので被害は皆無。
しかし、揺れている時間が非常に長く、
3.11以上に感じた。

だから布団のなかで、
「やはり、絶対に近いうちに大地震がまた来るのは間違いない![がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]
と恐怖を覚えた。

大地震への備えとして、
耐震性の高い住宅に住むことが第一。
(熊本地震では耐震等級2でも倒壊した家があった)


しかし、いくら倒壊しなくても、
電気やガスが使えないようでは生活ができない。

そこで検討したいのが
自家発電システム
だ。

多くの人にとって真っ先に浮かぶのが
太陽光発電システムだろう。

太陽光.jpg

だが、実はほかにも色々な種類がある。

そんなこんなを紹介した記事をホームズプレスで書きました[わーい(嬉しい顔)]
くわしくはこちらをご確認ください↓
http://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00423/




椎名前太ホームページ あなたの「心から納得できる家」が簡単にわかる!
http://www.zenta1.com/



ブログランキングに参加しています。
クリック↓どうかお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

 

タグ:地震
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の2件 | -